豊川でマッサージならもみほぐし専門店 和みの千手

6月梅雨の不調をツボ押しで整える

理由もなく気持ちが沈んだり体が重く感じるのは、梅雨からくる不調かもしれません。梅雨を元気に過ごすためのツボをお伝えしていきます

不調のもとは湿度?

今年の梅雨入りは早いのかと思っていたら、夏のような暑さに見舞われたり、気づかぬうちに身体への負担が増していそうです。思うように仕事が捗(はかど)らない、何もやる気が起きないということはないでしょうか。

「梅雨の“やる気のなさ”は、ジメっとした湿気が原因かもしれません。適度な湿度は皮膚や髪を潤すなど、身を守るのに役立ちますが、過剰な湿度はよくありません。東洋医学でいう“湿邪(しつじゃ)”の状態になり、水分やリンパ、血液などの“流れ”が悪くなってしまうのです。

血液やリンパは酸素や栄養分の運搬、老廃物の回収を行っているため、滞ればさまざまな部位に悪影響が出ます。むくみや頭痛、だるさといった体調の悪さのほか、気持ちが重くなるなど精神面にもあらわれます」

【当てはまる方は要注意!】
むくみやすい、軟便、下痢をしやすい
雨の日に体調が悪くなる
この時期、身体が重ダルい日が多くなる
一日中眠気がある
吹き出物ができやすい

やる気が出ないときは、湿邪を改善するツボを押す

湿邪が疑われるようなら、自分で改善する方法があります。

「梅雨のピークは暑さも加わって、痰湿(たんしつ)というさらにひどい状態に進んでしまうおそれがあります。“やる気のなさ”だけでなく、食欲不振、消化不良、下痢や便秘などさまざまな不調にもつながるので、まだ余裕があるうちに、ツボを使って対処していきましょう」

足三里(あしさんり)

210610_tsubo_1

 

「膝のお皿を同じ側の人差し指と親指で囲み、中指をまっすぐ伸ばしたところにあるツボです。梅雨どきに弱りがちな胃の調子を整えてくれます。消化不良は余分な湿気につながるので、胃は大切です」

支溝(しこう)

210610_tsubo_2

 

「手首から肘側に手を置いて、指4本のところの真ん中にあるツボです。東洋医学でいう三焦(さんしょう)、現代医学でいうリンパの流れを改善することで湿邪が取り除かれ、やる気も回復することができます」

復溜(ふくりゅう)

210610_tsubo_3

 

「内くるぶしから、アキレス腱のキワに沿って、指3本分ほど上がったところにあるツボです。腎の働きをよくして、体内の水分代謝を改善します」

上星(じょうせい)

210610_tsubo_4

 

「顔の中心、髪の生え際から2cmほど上がったところにあるツボです。頭に新鮮なエネルギーを巡らせます。前述の3つのツボで胃の働きや水分代謝をよくしたところで使いましょう」

「ツボは、1回につき5秒ほどジワ〜っと押すことを3回繰り返します。だるいときなど、1日に1~3セットを目安に行うといいでしょう」

体の不調を引き起こす湿気を取り除くためにも、「だるいな~」と感じたらツボを押して、スッキリした気分で梅雨を乗り切りましょう。

 

関連記事

  1. 【愛知県豊川市】熟練セラピストが教える正しい生活習慣

  2. 豊川でタイ古式マッサージなら和みの千手へ

  3. 足のむくみ改善にお勧めリフレクソロジー

  4. 【愛知県豊川】貸しスペースをお探しなら!豊川レンタルスペース…

  5. 【豊川市】至福のもみほぐし専門店 和みの千手

  6. tahi massage

    【豊川市】初心者の心得!タイマッサージを詳しく解説!